葬儀でお経を読んでもらった時に支払う金額について

葬儀でお経を読んでもらった僧侶に支払う金額は、いくらが相場なのか、ご存知でしょうか。お経を読んでもらう僧侶に渡すものはお布施と言い、のし袋の正面上段中央にお布施と書き、下段中央に喪主の名前を書いて渡さなければなりません。このお布施は、喪主の気持ちで渡すものとなっているため、基本となる料金、宗派ごとに決められた金額はありません。

いつも来てもらっている気心の知れた僧侶でも、お経を読んでもらう金額はいくらなのかと聞かれれば、喪主さまのお気持ちでと答えることが一般的であり、明確にいくらですと答える僧侶はほとんどいません。何度も伺うのは失礼にあたりますので、注意しましょう。

では、僧侶にお渡しするお布施の金額の相場、渡し方等について説明します。まず、お布施の相場についてですが、お通夜、葬儀でのお経、火葬読経、初七日のすべてでお願いした場合の相場は45万円前後となっています。ちなみにこの金額は、読経料、戒名料、車代、御膳料すべて含まれた金額になります。

読経料とは、お経を読んでもらうための料金であり、戒名料とは、故人の戒名を考えてもらった謝礼です。車代は僧侶がお通夜、葬儀等を行う場所まで移動するための交通費のことを指します。御膳料は、 僧侶が会食に参加する場合は渡さなくても良いものですが、会食せずに帰宅される場合は、お食事代として渡します。

これらはすべて明確な金額は決まっていません。住んでいる地域、宗派、寺院等によっても相場は変動しますので、不明な場合は依頼している葬儀会社の担当者、もしくは親族に聞いてみましょう。見栄を張る必要はありませんが、お布施の金額はどこからともなく漏れていくものです。あまりにも少ないと遺族、親族が恥をかく場合がありますので、喪主が一人で決めてしまわず、周りの人たちと相談することをおすすめします。

お布施の渡し方についてですが、渡すタイミングは、葬儀が始まる前になります。祝儀盆と呼ばれる黒いお盆に乗せて渡すのが、正式な渡し方とされています。